カメラのコト

オールドレンズの名玉!『Super Takumar 55mm F1.8』の作例とレビュー

アイキャッチ画像

昨今、進化し続けるカメラメーカーの技術のお陰で、カメラレンズは年々精度が向上している。色や明るさの収差補正、フォーカス、手ぶれ補正や接写と挙げればキリがない。フィルムカメラ時代に使われていたマニュアルレンズ(オールドレンズ)よりも格段に使いやすモノになっている。

仕組みから作りまでの大部分が違う為、オールドレンズでは撮影出来ないモノも現代のレンズなら撮影出来たりする。ただ、逆に言い換えてしまえば、オールドレンズでしか撮影出来ない…と言うのは少々大袈裟だが、オールドレンズ特有の写真の仕上がりなどがある。

今回使用するのはASAHI PENTAX(アサヒペンタックス)『Super Takumar(スーパータクマー) 55mmF1.8』というオールドレンズ。作例を紹介しつつ、レビューしていく。

Super Takumar(スーパータクマー) 55mm F1.8

1960年代に国産メーカーのアサヒペンタックスから販売されたレンズ。当時「世界一売れた」とも言われた「ASAHI PENTAX SP」とセットで売られていた事もあり、市場では数多く出回っている。

しかし、オールドレンズブームという事もあり、中でも指折りの人気を誇る「Super Takumar 55mm F1.8」は状態が良ければ即完売する程に人気。美品クラスの状態を探すのであれば、タイミングによっては一苦労するかもしれない。

人気の由来は良くボケるし、よく写る。その割には廉価に購入できるからだろう。現代のレンズはカリカリだが、このレンズは光を柔らかく表現してくれる為、フワ〜とした透明感のある描写となる。
2020年5月現在、価格はジャンク品なら3000円前後、美品なら12000円前後で購入できる。

このレンズは良品で約10,000円このレンズは良品で約10,000円

スーパータクマーシリーズのレンズマウントはM42スクリューマウント。この規格のマウントはオールドレンズの代表的なマウントで、数多くの名レンズのほとんどM42スクリューマウントだ。オールドレンズを検討しているのであれば、価格も安価に購入できるので一つ持っておいても良いかもしれない。

またメーカーやカメラごとにマウントが販売されているので、自分のカメラを確認したうえで購入する事をおすすめする。
※下リンクはSONY NEXシリーズ aシリーズ用のマウント

Super Takumar 55mm F1.8の前期型と後期型の違いと類似レンズ

少し地味な話になってしまうが、大事な話なので購入を検討されている方は必ず目を通してほしい。

Super Takumar 55mm F1.8には「前期型と後期型」と「類似レンズのSMCタクマー」が存在する。今回僕が紹介しているレンズは前期型のモノ。後期型のレンズとSMCタクマーは別物になるので注意していただきたい。

後期型のレンズはアトムズレンズ(放射能レンズ)を採用したレンズ。名前だけ聞くと恐ろしいが、使用していても身体には何も支障は無いと言われているので、名前の部分は問題なし。

だがアトムズレンズの難点は、経年劣化によりレンズが黄ばんでしまう事。レンズが黄色く変色してしまえば、撮る写真も黄色っぽい仕上がりになってしまう。絞りリングに記されている製造番号の配列などで、前期型と後期型を見分ける事もできるが、心配であれば販売元に確認した方が無難だろう。

made in Japanの後ろに製造番号があれば前期型made in Japanの後ろに製造番号があれば前期型

また類似レンズで「SMCタクマー」を間違って「Super Takumar」と掲載して出品しているモノもたまに見かける。見た目こそは似ているものの、SMCタクマーはSuper Takumarの後に開発された全く別のレンズ。

Super-TakumarではなくSMC-Takumarと記されていたら別物Super-TakumarではなくSMC-Takumarと記されていたら別物

見分けるのは簡単で、絞りリングに堂々とSMCタクマーと記されている。このような知識の無い人が出品している事もよくある事なので、購入する際には必ず確認してほしい。

作例

今回のカメラはSONYの 「a7Ⅲ」を使用する。実際の雰囲気やフレアやゴーストといったオールドレンズ特有の面白さを伝えるべく作例を紹介していく。

クラシックな仕上がりになるクラシックな仕上がりになる
イベントの無い日は相変わらずガラガライベントの無い日は相変わらずガラガラ
柔らかい光を撮影できるので淡い雰囲気も可能柔らかい光を撮影できるので淡い雰囲気も可能
背景も良くボケる背景も良くボケる
鮮やかな色表現鮮やかな色表現
勿論明るくしすぎると白とびします勿論明るくしすぎると白とびします
描写は現代のレンズと大きく差は無いようにすら感じる描写は現代のレンズと大きく差は無いようにすら感じる
飛び立つ飛び立つ
夕焼け前の光もしっかり掴める夕焼け前の光もしっかり掴める
古びたドア。空気感は伝わるだろうか古びたドア。空気感は伝わるだろうか
たんぽぽ。春の終わりたんぽぽ。春の終わり
全体が光で白くなるフレアも表現できる全体が光で白くなるフレアも表現できる
ゴーストもオールドレンズ特有の楽しみ方ゴーストもオールドレンズ特有の楽しみ方

 

クラシカルな描写にはレトロな物をクラシカルな描写にはレトロな物を
立体感も出せるレンズ立体感も出せるレンズ
夕暮れ時夕暮れ時
夜でもしっかり写せます暗くてもしっかり写せる
玉ボケもバッチリ表現できます玉ボケもバッチリ表現できる
強い光を入れると強烈なゴーストができます強い光を入れると強烈なゴーストができる

写真界隈では元々フレアやゴーストは俗に言う「失敗作」として扱われていましたが、ここ数年オールドレンズの価値観が変わった事で、写真家たちの印象も変わりつつある。現代のカメラでは表現できないので、そういう意味で個人的には嬉しい話。

まとめ

作例で雰囲気は伝わりましたでしょうか。名玉レンズという事だけあり、背景はボケる、明るく写る、鮮やかでクラシカルな表現にできる、と撮影していて楽しいレンズだった。大雑把だがオールドレンズの購入を悩んでる方は、とりあえずこのレンズから入ると楽しめるように感じる。現代のレンズとは一味違った撮影がしたいという方に是非おすすめしたいレンズだ。

 

今日のカメラ機材