雑貨のコト

天然木とアルミニウム金属フレームが美しいiPhoneケース『uovon』レビュー

アイキャッチ画像

機種変や乗り換えをする度に、毎回悩むことになるiPhoneのケース。先日iPhone 12 miniを購入した訳だが、毎日持つ物なのでケースには少しはこだわりたい。
iPhone 12 miniのメリットデメリット。実際に触ってみた感想

今までは「手帳型」を好んで使用してきたが、今回のiPhoneは「mini」ということで、軽量小型のまま使いたい。そんなことから重くなりがちな「手帳型」を見送り、シンプルで軽い「バンパー型」のケースにしようと思っていた。

今回購入したのは『uovon(ウォーボン)』という会社から販売されているiPhoneケース。自分で執筆しておいて、こんなことを書きたくないが、この会社を検索してもどこの国の企業か分からないし、何も出てこない。

完全に個人的な偏見だが、とても臭く怪しい企業で、中華の企業か?と勘ぐっていたが、実際に使用してみると、非常に美しい。一抹の不安は残るが問題なく使えているので、今回購入したiPhoneケースを紹介していこうと思う。

ブランド uovon
対応機種 iPhone 12 / 12 Pro / 12 Pro Max / 12 mini
素材 木製 / アルミ
タイプ バンパー型

企業は未知数だがとりあえず開封してみる

「uovon」という謎の企業の商品だが、実際はどうなのか。正直に言って値段的にも、そこまで大きく期待はしていなかったが、とりあえず開封してみる。

チープなデザインと質感の箱チープなデザインと質感の箱

Amazonの外箱を開けて、uovonの箱を見た時に、率直な意見、「やっちまった…」と思った。今時珍しいくらいにチープな質感とデザイン…中華製の安い製品の箱もこういう質感が多いので、不安が頭を過ぎる…。廉価な価格だし、こんなものかと割り切って開封してみる。

付属品付属品

付属品一覧

  • ドライバー
  • 予備のネジ×2
  • 保護フィルター
  • クリーナーとシール

あれ?思った以上にしっかりしている…というか、だいぶしっかりしている(笑)uovonさん、変に怪しんでしまってごめんなさい(汗)見て分かるように付属品はかなり手厚い。

黒い袋の中には、iPhoneの画面を掃除するクリーナーと、指紋を付けずに保護フィルターを貼れるシールまで同封されている。アルミバンパー部分はネジで固定するらしく、予備で2本付属されていた…なんという手厚さ。

自分で組み立てるiPhoneケース

肝心のiPhoneケースだが、思った以上にしっかりしている。

天然木を使用天然木を使用
電源ボタンとネジで固定されたアルミバンパー電源ボタンとネジで固定されたアルミバンパー
マナーモードスイッチマナーモードスイッチと音量ボタン
ドックコネクタとスピーカードックコネクタとスピーカー

とりあえずiPhone 12 miniに装着してみよう。今まで手帳型ケースしか使ったことがなかった為、なんだかプラモデルみたいで新鮮。

付属品のドライバー付属品のドライバー
ネジを外すネジを外す
非常に小さいネジ非常に小さいネジ

アップルマークとネジの大きさを比較すると、いかに小さいか分かる。取り外す際は無くさないように注意する必要がある。

ネジは4本外さなくとも、2本外して押し込めば収納できた。何度もネジを緩締していると無くしてしまったり、頭部分がバカになってしまうので、全てのネジを外す必要はない。

天然木とアルミニウムの組み合わせがお値段以上の高級感

個人的に「木」に一番好きな組み合わせが「鉄」だったりする。完全に僕目線での感想だが、「鉄」だけだとシンプル無骨でカッコイイが、単調でどこか冷たいイメージがある。そこに「木」が入ると、自然らしさや木材ならではの温もりを感じられたりする。

美しい美しい

もし仮に、フレームがアルミのみでも充分カッコイイが、きっと今回のiPhoneケースよりもクールでスタイリッシュなビジュアルになったと思う。そこを少しだけ崩して、バランス良く「木」を取り入れることで、柔らかく温もりを感じられるデザインになっている。

クールさと温もりを同時に兼ね備えたようなクールさと温もりを同時に兼ね備えたような
グリップの感じも悪くないグリップの感じも悪くない

天然木部分は無塗装なので、とくに滑る感じもなく、手に吸い付くような握り心地。またネジでしっかり固定しているので、ガタつきなども全くない。天然木の上品な質感とバランスのとれたアルミの組み合わせが見事にお値段以上に高級感を醸している。

いくつか心配な点がある

デザインにはとくに不満はないが、いくつか心配な点がある。

今後使用し続ける場合の心配な点

1.ネジの緩み

2.ネジの頭がバカになってしまう恐れ

3.無塗装の天然木の汚れ

まずは使用し続けることで、ネジが緩んだりしないか。とりあえず2週間ほど使用しているが、今のところ全く問題ない。しかし起こりうるアクシデントを考えて、数ヶ月おきにネジの緩みをチェックした方が良いかもしれない。

次にネジの頭がバカになってしまう恐れだが、これに関しては、ドライバーとの摩耗の話になってくるので、頻繁に取り外したりしない方が良さそう。バカになってしまう前に、予備のネジと交換することをお勧めする。

最後に天然木の汚れなのだが、無塗装なので、水分を吸収してしまう。汚れた手や油の付いた手で触ると、汚れの原因になってしまうかもしれないので、扱いには注意が必要。もちろん、手から出る脂程度だったら問題ない(2週間使用)

いつまでも美しく大切に使いたいいつまでも美しく大切に使いたい

こうやって見ると「不安だらけじゃん」と感じてしまう人も居るかもしれないが、普通に使う分には全く問題なく使用できているのでご心配なく。あくまでも「心配」なだけで、注意すれば予防できる。

一つ、わがままを言うとしたら、音量ボタンを切り分けて欲しかった。しっかり音量のボリューム操作はできてはいるが、ノールックだと、たまに操作を誤る(笑)はい、ズボラな僕が原因なのは分かっているので、ここらへんにしておきます…

まとめ

不安な開封レビューから始まってしまったが、実際装着して見ると、その美しさや軽量コンパクトに使えていることに満足している。初めてのバンパータイプで、少し心配な点もあるが、今のところ全く問題なく、ただの杞憂ということで、とりあえず使い倒してみようと思う。