お写ん歩

心地良い川のせせらぎと咲き誇るソメイヨシノ。『元荒川の桜並木』が美しい。

アイキャッチ画像

ようやく待ちに待った桜の季節の到来。個人的な話だが、人生で最も忙しいと言っていい程プライベートが慌しい昨今、なんとか桜を撮影することができた。

少し前から気になっていた、埼玉県鴻巣市にある『元荒川の桜並木』という場所の桜を撮影してきたので、写真と共に紹介していこうと思う。

改めて埼玉県は良い桜スポットが多いと感じた今日この頃。去年訪れた北浅羽桜堤公園も良い場所だったなぁ。スーパータクマー 50mm f1.4で覗く北浅羽桜堤公園の桜並木

元荒川の桜並木

アクセス 電 車:JR高崎線「吹上駅」北口より徒歩5分
自動車:関越自動車道東松山ICより約40分
営業時間 24時間(ライトアップ:日没〜20時)
桜の見頃 3月下旬〜4月上旬
駐車場 吹上駅付近に民間駐車場 多数有り

埼玉県鴻巣市に位置する「元荒川の桜並木」は、吹上地域に流れる元荒川の両岸に、約500本のソメイヨシノが2.5kmに渡って植えられている。また「一度は見に行きたい日本の桜名所&名桜600景及び700景」にも選ばれている。

桜のトンネル桜のトンネル

また都心からも1時間で行ける距離にあり、駅からも近い為、比較的アクセスし易い場所にあるのも魅了的

川の湾曲が美しい川の湾曲が美しい

例年桜の見頃は3月下旬〜4月上旬。見頃の時期に合わせて、毎年「桜まつり」が催されると同時に、夜桜のライトアップ行われるらしいが、生憎コロナの影響で今年は中止となっている。

川のせせらぎが心地良い

住宅街の中を流れる元荒川だが、近くに大通りなども無く車通りも少ない為、街中の割には閑静な印象を受けた。

川沿いの道は車通りが少ない川沿いの道は車通りが少ない
猫さんも花見気分猫さんも花見気分

更に川沿いの道から川へ降りて気が付いた。騒音が殆ど聞こえない。厳密に言うと「騒音が殆ど気にならない」。川沿いの道にも、少なからず車も通るが、絶妙に狭く小さい土手による「籠り感」の所為なのか、あるいは車道と川の高低差による遮音効果なのかは分からないが、周りの音が全く気にならなかった。

川沿いへ川沿いへ

たまに風が強く吹くと、桜の間をサーっと音を立てて吹き抜ける。ザーザーと轟音を立てて流れる川とは違い、チャプチャプと静かで穏やかな川のせせらぎも聞こえてくる。住宅街の中に居ることを忘れてしまいそうな程、心地良い空間だった。

静かに穏やかに静かに穏やかに
また来年また来年

様々な飛び石が印象的な元荒川

「元荒川の桜並木」には『飛び石』という面白い特徴がある。埼玉県には様々な桜の名所があると思うが、その中でも元荒川の「桜と飛び石」の組み合わせは、個人的にはかなり気になっていた。

このような飛び石が幾つも点在しているこのような飛び石が幾つも点在している
落ちないように気をつけて渡る落ちないように気をつけて渡る

長さ2.5kmという長い桜並木に、何箇所にも形の違う飛び石が点在している。写真の飛び石は天然の岩だが、中には加工されたブロックのような飛び石もあるらしい。勿論めんどくさがり屋な僕は、2.5km全ての飛び石を探索することは出来なかった(汗)

春を駆け抜ける春を駆け抜ける

自然溢れるような場所で飛び石を使って撮影したい」。他の川や水のある公園などでも、飛び石自体は探せば見つかるかもしれないが、加工された岩だったり、如何にも「人の手が加えられているような」飛び石が多いイメージ。

「出来るだけ自然体のような」というロケーション拘りたかったので、天然の岩を使っている点はかなりポイントが高い。僕が知らないだけかもしれないが、天然の岩を使った飛び石が有り、尚且つ桜まで見れる場所はここ以外は知らない。

川のせせらぎが心地良い川のせせらぎが心地良い

また両岸に生える植物の緑も美しく見える。近くで見ればただの雑草なのだが、このように引いて見ると、飾り気の無い、手入れのされていない雑草が、自然そのものなので、飛び石を更に自然らしく見せてくれるような気がする。

まとめ

川沿いに咲く桜並木は良く見る風景だが、飛び石を含めた桜の撮影は初めてだった為、新鮮で楽しめた。閑静な場所で人も少なく、川岸には幾つかベンチなどもあるので、のんびり癒されたい人にもオススメしたい場所だ。

今日のカメラ機材