写真のコト

2020年に撮ったお気に入りの写真たち

アイキャッチ画像

今年も残すところ後わずか…
東京オリンピックで賑わうはずだった2020年だが、新型コロナウイルスの影響で、まさに空白の1年となってしまった。

僕も外出する機会は減ってしまったが、それでもタイミングを見て、2020年も様々な撮影してきたので、お気に入りの写真たちを紹介していきたいと思う。

今年撮ったお気に入りの写真

2020年は例年に比べると、内容の薄い1年だったかもしれないが、それでも色々あった。初めてのマタニティフォトやモデルさんの撮影など学ぶことの多い1年でもあった。

僕自身、自家用車が廃車になる程の大事故に見舞われたりと、苦い思い出もある1年だったが、なんとか元気に過ごせている。そんな感じで、なんやかんやあった2020年を振り返りながら写真を紹介していく。

2020年一発目の写真まずは2020年の年始に、ツナさんと初詣に行った時に寄った海の写真。場所は確か屏風ヶ浦だったような。砂が白っぽく、無駄な物や色が周りに一切無かったので、撮影していて楽しかった。あまりのロケーションの良さに、せっかくの屏風ヶ浦の崖をそっちにけにして浜辺で撮影しまくってたなぁ(笑)

柔らかい光

柔らかい光2
「雪のある場所で撮影したいね」と言いカメラ仲間と6人で日光市へ。雪が積もっているか、雪は止んでいるのか、なかなか難易度の高い条件だったが、見事的中した日。本当に楽しい良い一日だった。

初めて購入したソフトフィルター『ブラックミストNo.1(記事最下部参照)』を使用。ふんわりと優しい雰囲気と、どこかシネマティックな雰囲気を同時に写してくれる優秀なフィルター。最近使えていないので近々また使いたい。

桜並木
上記でも少し書いたように、僕が事故られて入院していたのですが、治療を終え、退院した頃の写真。まだ会社には復帰できず、コロナがすでに流行り始めていたので、自宅に籠もっていたところ、そんな僕を見兼ねて、会社の同僚が休暇を使い、静岡県小山町の「富士霊園の桜並木」へ、わざわざ連れ行ってくれた日の写真。

この写真自体好きだが、それよりも重要なことは、そんな物語がこの写真の裏側に隠れているということ。その物語や同僚への感謝の気持ちを忘れないように、思い出の1枚として今回選ばせてもらった。

手を伸ばせば
桜舞い散る頃に
ずっと探していたオールドレンズ『スーパータクマー55mm F1.8(記事最下部参照)』を購入。ようやく状態の良いレンズが出品され即購入。嬉しくて、ついつい今年の春の写真はこのレンズばかり使用していた(笑)

丁度この日から1週間後くらいに「緊急事態宣言」と「外出自粛」が発令されたのをよく覚えている。個人的には、春の桜の季節が年間を通して一番好きなので、来年こそは堂々と外へ出て桜を撮影したい。
春の終わり
緊急事態宣言の真っ只中の写真。この発令はいつまで続くのだろう、と不安ながらも気晴らしに近所を歩いていると、朽ちたタンポポが道端に落ちていた。「あぁ、気付いたら春は終わっていたんだ」と、このタンポポ見て思ったことを、今でもはっきり覚えている。
美ヶ原
緑が美しい美ヶ原高原。雲の陰にのまれていく様子は圧巻で、一瞬一瞬で景色の表情を変える。もうここには4回来ているが、永遠の憧れ「王ヶ頭ホテル」にはいつか必ず宿泊したい。
芽吹く
初夏、自然が溢れる足柄へ。派手さは無いが、小さな世界観と好きな色合いが出せた1枚。この日は、相方のツナさんの昔からの友人カップルと、初めてお会いできた日。何度もお話しは伺っていた方々だったので、ようやくお会いできて、僕一人、勝手に感無量していた日(笑)夏の木漏れ日
カメラ仲間と伊豆高原へ。強い陽の光と紅葉の影から、どこか夏らしさを感じるお気に入りの1枚。この日をキッカケに、一緒にお出掛けしたお二人とは、仲良くさせていただいている。改めてカメラに深く感謝。
浄土平
以前執筆した浄土平の風景。有無を言わさぬ「異次元的」な圧倒的景観にただただ感動した。昔は風景写真ばかり撮っていた僕だが、今ではすっかり撮らなくなってしまっていた。しかし、圧倒的な景色を前に、忘れてしまっていた風景撮影の楽しさを、思い出させてくれた場所。初めてのモデル撮影
カメラ仲間のツテで紹介していただいたモデルの賀子さん。初めてのモデルさんの撮影ということで、一日中緊張しっぱなしでしたが、本当に多くのことを学ばせていただいた日。貴重な経験をさせていただき感謝しております。
葉山湘南
久々に湘南の海を歩く。相変わらず美しい。この日はカメラサークルの撮影会に久々に参加できた日。有意義で学びも多い一日だった。良い人たちばかりで一緒に撮影していて、凄く心地良く本当に楽しかった。また皆さんとお会いしたいと、一早くコロナが収束して欲しいと切に願った日。
ツナさん
紅葉を探しに少しだけお出かけ。オールドレンズで撮影した一枚。最近SONYの135mm F1.8GMを購入したが、AFレンズはテンポ良くサクサクとシャッターを切れるが、どこか撮影が単調になってしまう。自分でピントを掴むオールドレンズの方が撮ってて楽しいと改めて気付いた日。

今年撮った写真はこんな感じだが、来年はもっと人を撮っていきたい。構図や画角をしっかり考えて、自分もモデルさんも納得できるような写真を撮れるようになりたいと思っている。

また今までは、写真をデータ化して、そのままが多かったが、せっかくの大切な思い出や作品なので、写真を現像したり、ZINEなどを作りたいと思っている。最近は特に「思い出をカタチにし、大切にしたい」と思うことが多いので、『写真』についての、考え方を改めたいと思う。

2021年はプライベートでも色々とバタバタするので、間違いなく忙しくなってしまうが、それでもタイミングを見て写真は撮っていきたい。

 

今回のカメラ機材