カメラのコト

【作例・レビュー】ソフトフィルター 『ブラックミスト No.1』が写す雪原の世界

アイキャッチ画像

いつも通りSNSを覗いていると、少し変わった雰囲気の写真があった。調べてみるとフィルターを使って撮影しているらしく、気になったので購入してみた。
気になるモノはすぐにネットで調べられ購入できる。本当に便利な時代になったとしみじみ思う。

ブラックミスト No.1の特徴

今回購入したフィルターは、『ブラックミスト No.1(Black Mist No.1)』。レンズフィルター業界では最大手と言える光学製品メーカー、ケンコー・トキナーのソフトフィルターだ。

映画やテレビの世界で使われた『ブラックミスト』フィルターをカメラレンズ用に転用する事により、まるで映画のワンシーンのようなドラマチックな撮影ができるとのこと。
またケンコーさん曰く、「他のソフトフィルターは画面を白っぽくしてしまうのに対し、ブラックミストは白くならないので、黒バックの背景や暗いロケーションでも撮影可能」と謳っている。
僕も過去にソフトフィルターを使用したことがあったが、クセが強すぎて、納得のいく撮影ができなかった(自分の撮影技術の低さもある)。撮影全般に言える事なのだが、特にソフトフィルターは光をにじませ、撮影する為、「光を読む技術」が必要となってくる。
そんな過去の苦い経験もしつつ、再び『ブラックミスト』というソフトフィルターに惹かれてしまった為、今一度挑戦してみた。

作例

今回はカメラ仲間と共に奥日光へ。まだ雪が残る中禅寺湖周辺を、ブラックミストNo.1縛りで撮影してきた。どんな雰囲気に仕上がるか参考にして頂けたら嬉しい。

中禅寺湖の食堂にて中禅寺湖の食堂にて

室内での撮影。照明は点いておらず、光源はガラス越しの太陽光のみ。ソフトフィルターっぽいホワッホワな光ではなく、光がしっとりと纏り付くイメージ。微細な黒い拡散材を内包したこのフィルターならではの特徴だ。

光徳牧場での撮影光徳牧場でのワンシーン

側光(太陽から90°の位置)からの撮影。やはり光の纏わり方がいい。雪はさすがに飛んでしまっているが、これくらいなら許容範囲だと思う。

側光での撮影帽子に積もった雪を払う

斜光(太陽から135°の位置)からの撮影。夕方で斜めから太陽光が差す所為もあるが、この角度だとだいぶ霞んでしまう。これくらいの角度が限界だと感じた。
逆光(被写体の後ろに太陽がある)場合、光が強すぎて真っ白になる。いくら白くなりにくいと言えど、そこは注意してもらいたい。

雪化粧した湯ノ湖雪化粧した湯ノ湖
植物の力強さ植物の力強さ
牧場の雪景色牧場の雪景色
愉快な現地の人愉快な現地の人
春を待つ戦場ヶ原春を待つ戦場ヶ原

光の拡散が程よいのか、淡い雰囲気がどこかフィルムチックな仕上がりにもなる。

真っ直ぐ山を降る真っ直ぐ山を降る
中禅寺湖とアヒルボート中禅寺湖とアヒルボート
ようこそ中禅寺湖ようこそ中禅寺湖へ

一応失敗作も載せておきます。
失敗作

う〜ん、もっと分かりやすい失敗作を用意しておくべきだった…
人それぞれだと思うが、僕は少し霞過ぎかなと思う。ほぼ逆光での撮影がこれなので、逆光での撮影がどうなるかイメージしてほしい。きっと光を取り込みすぎて、真っ白に霞んでしまうはず…

まとめ

確かにソフトフィルターっぽいふんわり感はあるが、主張しすぎないところが丁度良い。
レタッチなどでソフトフィルター加工を使う手もあるが、主張が強すぎてどうも思い通りにならない。
このフィルターはどちらかというと、オールドレンズっぽい仕上がりなるといった方が正しいのだろうか。
ケンコーさんの言う通り、クセも少なく晴天でもそれなりに使いやすいソフトフィルターだが室内や曇り、薄暗い夕方で撮影するとグンと写真の質を高めてくれる、そんな風に感じた。
「ブラックミスト」名前の通りまさに薄らと黒い霧に包まれながらも、しっとりとりた光を写真に乗せてくれる。そんな謙遜的なフィルターながら抜群に使いやすいソフトフィルターだった。
雪の上を歩く

一応、初歩的な事ですが、フィルターにもサイズがあります。自分のレンズにフィルターがハマらないなんて事が無いよう、必ず自分のカメラレンズの口径サイズを確認してください。

今日のカメラ機材