ガジェット

思い出を気軽に形に。Canonのスマホ用プリンター『iNSPiC』レビュー

アイキャッチ画像

思い出は形にして残したい…
今は何かとデータで残しておけるので、昔のようにアルバムを使っている人は少ない気がする。僕もその一人で、HDDやクラウドストレージに写真を保存しているので、殆どアルバムを使わなくなってしまった。

また最近では「ZINE」などのフォトブックのサービスなども増えてきているので、余計に「アルバム」という選択肢には至らない。プリンターを持っていれば別だが、持っていなければ、わざわざ写真を現像しに、写真屋に行かなければならない。正直手間だ。

そんな便利になったご時世だが、相方のツナさんが面白い物を見つけてきた。それがCanonのスマホ用ミニフォトプリンター『iNSPiC』だ。数多くあるスマホ用プリンターでも最もシェアされているプリンターなので、実際に触ってみてどうだったかレビューしていく。

スマホ写真の思い出を「形」にできる『スマホdeチェキ SP-2』レビュー

どこでも写真やシールを印刷できる『iNSPiC』

メーカー Canon
サイズ W118×D82×H19mm
本体重量 160g
接続方法 Bluetooth 4.0

ミニフォトプリンターとだけあって、小さくて薄い。手のひらサイズで、本体重量も160gと他のスマホ用プリンターに比べたら、圧倒的に持ち運びやすい印象。スマホ用プリンターの最大の武器は、どこでも気軽に印刷できること。この持ち運びやすさこそ『iNSPiC』が最もシェアされてる理由だと思う。

スマホ用ミニフォトプリンター『iNSPiC』スマホ用ミニフォトプリンター『iNSPiC』
裏側裏側はゴールド

シンプルで女性にもウケそうなデザイン。裏側のカラーは、ゴールド、ブルー、ピンクの3色が展開されている。

また写真だけではなく、シールも印刷することが出来る。お絵描きアプリで保存したものを、このプリンターを使えば、自分だけの、世界で一つのシールを作ることもできる。使い方によっては、かなり幅広く活用出来そう。

ドックコネクタはUSB Type-BドックコネクタはUSB Type-B

左の「RESET」と書かれた穴は、紙詰まりや不明なエラーが出た際に、プリンターをリカバリーするためのボタン。細い棒などで押せば復旧する。「CHARGE」は充電中だど「赤」、フル充電になると「緑」に点灯する。

使い方

使用方法

1.専用アプリ『Canon Mini Print』をダウンロード

2.プリンターとスマホをBluetooth接続させる

3.アプリで加工及び印刷

まずは専用アプリ『Canon Mini Print』をダウンロードする。

専用アプリ『Canon Mini Print』専用アプリ『Canon Mini Print』

終えたらプリンターの電源をONにして、スマホの設定でBluetooth「Canon Mini Printer」と表示されるので接続する。あとは好きに加工、印刷するだけ。

アプリ画面アプリ画面
様々な加工ができる様々な加工ができる

加工の種類は【調整】【フレーム】【テキスト】【スタンプ】【フィルター】【回転】【ペイント】などの7項目が用意されている。

調整では「明るさ」「コントラスト」「彩度」「カラーバランス」の変更が可能。フレームやスタンプ、フィルターの種類はかなり豊富。テキストのフォントは変更も可能なので、シーンによって使い分けることも可能。

加工をし終えたら、右上の赤い丸をタップすると印刷が開始する。

『ZINK』によるiNSPiCの画質と色表現

一般的な業務用プリンターや家庭用の据え置き型プリンターなどでは「インク」を必要とするが、「iNSPiC」で採用された『ZINK』とはゼロインクの略で、インクを必要とせずに印刷することができる

インクが不要な「ZINK」インクが不要な「ZINK」

仕組みとしては、『ZINKフォトペーパー』という感熱紙に「熱」を加えることにより、発色させ、フルカラー印刷を行える。

ZINKフォトペーパーZINKフォトペーパー
上にスライドさせ、「ZINKフォトペーパー」をセットする上にスライドさせると開く
ウィィィ〜ンとここから写真が出てくるウィィィ〜ンとここから写真が出てくる
お〜出てきた印刷を押して30秒くらいで出てくる。
インク無しでもフルカラーインク無しでもフルカラー

実際に印刷してみたがどうだろうか。画質においてはチェキよりは綺麗に印刷できている(まぁチェキに画質云々言うのは御法度だけども)。この写真では見づらいが、これだけ小さな表情でも、潰れずに、また色飛びせずにしっかりと印刷することができた。

勿論、据え置き型プリンターと比べると、画質など、まだまだ劣る点はいくつかあり、本来の画像よりも、若干色褪せてしまうことや、暗くなってしまうなどが少し気になった。

しかしその問題は専用アプリで「明るさ」を調節することで改善できるし、色褪せについては、レトロ感とも捉えられるので、逆に若者ウケしそうなくらいに感じる。

本来、気軽に簡単に印刷できることがミニフォトプリンターの最大のメリット。それを考えると十分な画質だし楽しみながら使える。

使いやすく改善された専用アプリ

まず最初に「iNSPiC」で驚かされたのは、デザインや画質の良さではなく…専用アプリのレビューの評価…しかも悪い方で。「iNSPiC本体」自体はamazonなどでも評価も高く、スマホプリンターでは、最もシェアされているだけに、かなり驚いた。

しかしCanonさん、相当努力されたのが分かります。以前レビューで書き込まれている改善点の多くは改善されている。販売当時は印刷する写真を、カレンダーから画像を探すことが出来ずに、手間だ!と悪い評価をされていたらしいが、その点も改善されている。

昔の写真も一発で探せるので使いやすくなった昔の写真も一発で探せるので使いやすくなった

またコラージュする際に、複数の写真が選択出来ないバグや、印刷した際に、写真がズレてしまうなどの点も改善されている。一昔前の厳しいレビューが今も残っているが、今は全く問題なく、ストレスなく使えている。

コラージュの不具合も改善コラージュの不具合も改善

まとめ

どこでも簡単に印刷できる「iNSPiC」。手軽に持ち運べて、皆んなに写真を配って、思い出を共有したり、サイズも小さいので、日記などに使って、思い出を形にするのも丁度良い。人との接点が乏しい昨今、こんなサプライズ的なプレゼントをしてみてはいかがだろうか。