ユウマガのコト

引越しました。新居で新しいワークスペースについて考える

アイキャッチ画像

私事で恐縮ですが、この度2021年3月31日に、このブログにちょこちょこ出ているツナさんと結婚致しました。

 

そんなこともあり、4月から同居が始まり、引越しの準備や家具の搬入などで、かなりバタバタしておりますが、半ば強制的にユウマガを更新しているような状態です(汗)

とりあえず、今はそんな状況ですが、せっかくの新居で、生活スタイルもガラリと変わるわけで、今まで無かった「自分のワークスペース」について改めて考えていこうと思う。

僕の作業場はベッドの上

新型のウイルスが流行している影響により、テレワークやワーケーションといった今までには無かった働き方が定着し、各々が自分に合ったワークスタイルを考えるようになった昨今、僕の作業環境は相変わらず最悪だった。

まだ新居に引越す前、今まで僕にはPCデスクが無かった。それどころか個人的には少し恥ずかしい話だが、作業場は殆どベッドの上だった。一応部屋にはローテーブルも置いてあったが、高さが身体に合わずベッドと併用して使っていた。

以前に何度もPCデスクを買おうとしたが、部屋に置くスペースがなく、また近い将来、引越しをすることを考えていたこともあり、色々な要因が重なり、ワークスペースを整えられなかった。

無理な姿勢で身体を痛める

年齢も30歳を過ぎ、若くないことを日々実感している今日この頃、自分の体力や姿勢なども気になり始める。

ローテーブルやベッドで作業していると、どうしても前屈みというか猫背になってしまう。そんな姿勢なので、自ずと目とPCの距離が近くなってしまう。当たり前だが腰もお尻も痛くなる。そして目は眼精疲労になるし集中力も低下する。今更改めて思い返すと、我ながらなかなか酷い環境だ(笑)

1記事を執筆するのに、大体数時間かかっている訳だが、体力的にもこの1記事を書き上げるのも一苦労だし、僕はダメ人間なので、ベッドの上で執筆していると、すぐに集中力が途切れ他のことをしてしまう。

そんな悪循環を改善すべく、この引越しのタイミングで、一度自分のワークスペースを見直そうと思い立った。

心地良い空間づくりを目指したい

どのようなワークスペースにしたいのか。人それぞれ理想は様々だと思うが、僕は『心地良い空間』をコンセプトにしたいと思っている。

理想としては、「集中できる癒し空間」な訳だが、平日僕も社畜サラリーマンをしている為、帰宅してPCデスクに辿り着く頃には既に疲れている。そんな自分が容易に想像できる。

たぶん僕の作業場になるであろう場所たぶん僕の作業場になるであろう場所

そんな疲れた自分に、更に追い討ちを掛ける程僕も強くは無いので、「敢えて」集中や没頭できる空間づくりよりも、その場に居続けたくなるような心地良い空間、更に言うならば『潜在的に落ちつける空間』を目指したい。

一見「心地良い空間」=「集中できる空間」のように思えるが、仕事から帰ってきて、疲れた状態でも作業が嫌にならないような、執筆や写真編集をしながらでも、日々のストレスを癒せるような空間にできるように「心地良い空間」づくりを意識したゾーニングをしていきたいと思っている。

まとめ

現時点でもどんな机や椅子を買うのか、全く決まっていないので、まとめることも無いのですが、とりあえずガチガチに集中できる空間よりも、住居での居心地の良い空間のような、そんな緩い感覚で考えている。

今回の記事の内容は、僕がなんとなくこんな感じで考えています、みたいな内容で全く中身の無い、読み手の人からしたら「で?」と思われてしまうような記事で申し訳ないのですが、たまにはこんなのもアリかななんて思いながら執筆しました(涙目)

またワークスペースが充実したら記事にしたいと思っております。