アウトドアのコト

雨の日でもお洒落な足元で。Dannerのレインシューズ 『WRAPTOP LIGHT 3』の履き心地が最高すぎる

アイキャッチ画像

雨の日でも気にせずにスニーカーを履きたい。
今年の夏は本当に暑かった。例の感染症の事もあり外出する機会が減り、夏の催し物もほとんどが中止となり、2020年の夏は空白の期間となった。

秋口に入り、漸く世間的にも外出しやすくなった今日この頃。気付けば秋雨前線と台風シーズンの時季となっていた。せっかく出掛け易くなったのに雨が続くこの季節、履く靴にも気を遣う。

雨の日でも気軽に履けるスニーカーは無いだろうかと探していたところ、たまたま見つけたDanner(ダナー)のレインシューズ 『WRAPTOP LIGHT 3(ラップトップ ライト 3)』が非常に使い易かったのでレビューしていく。

  • 晴れの日にも履けるようなシンプルなデザイン
  • 高い防水加工技術と歩いても疲れない、履き心地の良い構造
  • 信頼できるブランドで幅広く使える割には、7000円代という廉価で購入できる
  • 防水加工が施されている為、通気性は悪い
  • 合成ゴムで加工されている為、ソールの交換はできない。

Dannerとは

『Danner(ダナー)』とは1932年にアメリカのオレゴン州で設立されたアウトドアブランドで、主にアウトドアブーツを取り扱っている。1979年には代表作である『ダナーライト』が登場。世界で初めて靴に完全防水加工であるゴアテックスをブーツに採用した。

また創業以来「実際にダナーの靴を履く人が、不便を感じずに、使いやすく耐久性に富んだ靴を作る」をコンセプトとしており、長年ユーザーから高い信頼を得ている。

今年で設立89年目のDaneer今年で設立89年目のDanner

また80年代後半、日本でアメカジブームが到来。同時にDaneerのデザイン性にも注目が集まり、登山靴という認識から街中でも履けるファッションブーツとして、タウンユースで使われるようになった。

シンプルで使いやすいデザインのWRAPTOP LIGHT 3

まさにこんなレインシューズを探していた。
『WRAPTOP LIGHT 3』を購入するに至った最大の要因は、晴れの日にも履きたくなるようなシーンを選ばないシンプルなデザインが決め手となった。

Simple is the bestSimple is the best

防水加工が施されたレインシューズと聞くと、全体的にボリュームのある、ゴツいスニーカーやトレッキングシューズのような形状の物が多いと思うが、『WRAPTOP LIGHT 3』は違った。

形状はCONVERSEのオールスターに近い。
昔からCONVERSEが好きで頻繁に「CT」や「ジャックパーセル」を履いていた。足元がスッキリして、デザインもシンプルな為、どんな時も邪魔しない。そんな使いやすさが魅力だった。

『WRAPTOP LIGHT 3』も同じで主張は控えめだが、アウトドアでもタウンユースでも、どんなシーンでも使える機能性と、決して足を引っ張らない堅牢なデザインをしている。オマケに防水加工までされている為、CONVERSEファンなら絶対にオススメしたい一足
街でも山でも

街でも山でも街でも山でも

素材にもこだわりを感じる履き心地と防水加工

『WRAPTOP LIGHT 3』の最も驚いたポイントは履き心地の良さに間違いない。
ネオプレーン素材を使用している為、包み込まれるような柔らかい履き心地を実感できる。

軽く摘んでみる軽く摘んでみる
柔らかさは伝わるだろうか柔らかさは伝わるだろうか

これだけ柔らかいので、足首部分を心地よく包んでくれる。個人的には今までで一番履き心地の良いシューズかもしれない。しかし普通のスニーカーと若干履き心地が違う為、違和感を覚える人もいるかもしれない。

ソール部分は防水加工が施された合成ゴムで守られている。また上記で紹介したネオプレーン素材も防水の加工が成されているので、靴内部の水の侵入を防ぐ造りになっている。

また元来のWRAPTOPモデルよりも軽量化に成功しており、防水加工がされているにも関わらずかなり軽い。完全防水であるゴアテックスのシューズなどはかなり重たくなってしまう為、防水加工での軽量化は本当に嬉しい。

軽量化されたので遠くまで歩いて行ける軽量化されたので遠くまで歩いて行ける

『WRAPTOP LIGHT 3』のサイズ感

シューズはメーカーによって大きさがまちまちでサイズ感に悩むところだが、『WRAPTOP LIGHT 3』ならジャストサイズで選ぶ事をオススメする。もし気持ち心配なら、普段履いているスニーカーよりも0.5cm大きくても良いかもしれない。

選ぶならジャストサイズがベスト選ぶならジャストサイズがベスト

僕は普段28cmのスニーカーを使用していますが、『WRAPTOP LIGHT 3』も28cmで全く問題無く履けている。足幅が狭いシューズでも無いし、下手に大き目のサイズを購入すると、せっかくのネオプレーン素材による「包み込まれるような履き心地」も損なわれ兼ねない。そんな理由もあり、なるべくジャストサイズでの購入をおすすめしたい。

実際に使用してみてどうか

やはり履き心地の良さと、シューズ自体が軽いので全く疲れない。プル・ストラップ(かかとのピロピロ)が付いているので、靴ベラを使わずとも履けたり、お値段の割には細かい箇所まで工夫が施されているのも評価できる。

プル・ストラップで楽々と履けるプル・ストラップで楽々と履ける

デザインもシンプルなので、チノでもデニムでも使用していて違和感は全くなかった。

まとめ

デザイン性も機能性も申し分ない。長年愛され続けているブランドだけあって、履くことへのこだわりを強く感じた。「雨の日でも足元はスッキリさせたい、でも靴は汚したくないし、足も濡れたくないから防水加工のモノが良い」そんなワガママなユーザーに紳士的に向き合ってくれたようなシューズだった。

雨の日が待ち遠しい雨の日が待ち遠しい