ガジェット

超高速転送!MacBook ProのおすすめのUSB-Cハブ

アイキャッチ画像

いつも通り、撮影を終えて写真の編集をしようと思ったところ、カードリーダーがSDカードを読み取らない。以前からUSB-Cハブの接続も調子が悪そうだったので新調した。
今回購入したのは『Excuty』というメーカーのUSB-Cハブを購入した。聞き慣れないメーカーで少し不安もあったが、スペックも非常に高く満足する製品だった為、レビューしていく。

Mac Book

USB-C(USB Type C)とは

Macユーザー以外にはあまり聞き慣れない変換アダプタだと思うが、MacBookを使用する際には、USB-Cハブというアダプタが必須になる。
通常WindowsパソコンのインターフェースにはUSB(USB-A)が備わっているのに対し、MacBookには備わっていない。その代わりUSB-Cが備わっているのだが、これだけでは何もできない。そこで上記にあるように、USB-Cという変換アダプタを使い、様々なデバイスを使う事ができる。

MacBookのインターフェースMacBookのインターフェース USB-C

写真で見ての通り、通常のUSB(USB-A)と形状が異なる。何をするにもハブが必要となる為、荷物が増えるという点に関して言えば少しネックに感じる。
ただUSB-Cは『USB3.1』で制定された規格であり、現在実用的に使われる最新の規格である為、性能は非常に高い
一般のUSBの最高速度を誇るUSB3.0のデータ転送速度の2倍の速度で転送できる

Excuty USB-Cハブこれ一つで何でもこなせる Excuty USB-Cハブ

ExcutyのUSB-C ハブのスペックについて

今回購入したハブは2020年に発売されたばかりのニューモデルである為、他と比べても性能が非常に高い。またカードリーダーからの処理速度がめちゃくちゃ速いので、特にカメラユーザーにおすすめしたい。

インターフェースUSB-Cハブのインターフェース

インターフェース毎に表記されているので分かりやすい。「Thunderbolt 3」と「データ転送ポートUSBーC」は見分けが付きにくかったりするのでありがたい。他のメーカーではあまり見ないので、小さなコトだが、そういう親切なところが、ユーザーにとっては高ポイントだったりする。

ポート名 スペック
4K HDMI 4K @(3840x2160P)30Hz
Thunderbolt 3(USB-C) 最大供給電力値100WのPD対応/40Gbpsのデータ転送
データ転送ポート(USB-C ) 5Gbpsのデータ転送
Micro SD/ SDカードリーダー 転送速度104MB/s 2TBまでのメモリー対応
USB3.0ポート×2(USB-A) 5Gbpsのデータ転送

ざっとスペックはこんな感じ。憧れの「Satechi」のUSB-Cハブと比べても、ほぼ同じスペックなのだが、供給電力値が上回っている分、スペックならややこちらの方が上だ。
そもそも供給電力値100Wのハブはまだそこまで出回っていないのではないだろうか。
2019年発売の最新モデルのMacBookの最大電力値が96Wなので、余す事なく、Mac Bookへの電力供給できる為、超高速充電も可能だ。
価格も「Satechi」の半額ほどで購入できるので、良い買い物をしたと思っている。

一応念の為、カメラマンに重要なカードリーダーの「読み込み書き込み速度」を計測してみる。

Excuty USB-Cハブの処理速度Excuty USB-Cハブの処理速度

さらに念を押し、石橋を叩いて容量パンパンのSDカードでも計測してみる。

Excuty USB-Cハブの処理速度(2回目)Excuty USB-Cハブの処理速度(2回目)

「Read」が読み込み速度、「Write」が書き込み速度。
SDカード内のデータ量は処理速度にそこまで影響しないようだ。
製品表記よりも、実際数値が低いのはどこのメーカーもそうなので、「読み込み速度」は許容範囲。注目して欲しいのは「書き込み速度」。数字だけ見ると分かりにくいが、高級メーカーのハブよりも1.5〜2倍の数値を計測した。
因みに「読み込み速度」も高級メーカーに引けを取らない数値である。
このように実際に数値だけ見ても、性能の高さが伺える。

またHDMIも4K高画質出力に対応している為、サブディスプレイなど、PCの画面をより大きい画面で綺麗に表示できる。レタッチや動画編集では欠かせない。

4k HDMIポート4k HDMIポート

ExcutyのUSB-C ハブを使用した感想

上記で数値やスペックの話ばかりしてきたが、ここで実際使ってどうだったか綴っていく。

コードレスな為、スタイリッシュコードレスな為、見た目はスタイリッシュに

見た目は非常にスタイリッシュ。少しザラつきのあるマッドな質感もMacbookに合う為、特に違和感も感じない(PCカラーがスペースグレーだとほぼ同色)。
今まではコードタイプのUSB-Cハブを使っていたが、そこから充電機やHDDのケーブル、カードリーダーのケーブルなどを繋ぐと非常にごちゃごちゃしてデスクが狭く感じていた。コードレスにしてからは、スッキリした為、作業効率も上がるだろう。

スッキリさせて作業効率もUPスッキリさせて作業効率もUP

また高温防止も備わっている為、今のところ熱を持っても20〜30℃程度で安心して使用している。中には50℃近くなるUSBハブもあるので、このような対策は非常に有り難い。
また起動するとライトが点灯するのも分かりやすく使いやすい。

PC電源OFFPC電源OFF
PC電源ONにすると点灯PC電源ONにすると点灯

…(キーボードカバーが汚れている)
ハブが正常に起動している事が一目で分かる。
またインターフェースが2つある為、グラつきなども気にならないし安定している。

Excuty USB-Cハブ裏面Excuty USB-Cハブ裏面

今までの使っていたUSB2.0カードリーダーとデータ転送速度を比べると体感でも3〜4倍程早く感じた。これだけ違うと作業効率もまるで違ってくる。今までUSB2.0のカードリーダーで作業していた事に後悔すら感じる。

まとめ

このUSB-Cハブに強いて不満を言うのであれば、SDカードを差し込む時に裏返して差し込まなければならない。そこだけ注意してもらいたい。
まぁとにかくコスパが良いの一言に限る。カードリーダーの転送速度が非常に優秀な為、冒頭で言った通りカメラマンにおすすめしたいUSB-Cハブだ。
見た目もスッキリ