ガジェット

何度も使える!モバイルバッテリーにもなる充電式カイロが便利すぎる

充電式カイロ

気づけば早いもので、クリスマスも終わり、街中はお正月に向けバタバタするそんな時季。
日本の年末は何故こうも忙しいのか…短期間で行事を詰め込み過ぎではないかと今年も感じる今日この頃。と同時に辛い時期がやってくる…そう、『寒さ』である。
今回はそんな寒さでかじかむ手を温めてくれる便利アイテムを紹介したいと思う。

カイロだけじゃない!多機能すぎる充電式カイロ『Hand Warmer C300 』

充電用カイロの外箱Hand Warmerの外箱

今回購入したのはYOOTHIで販売されている充電式カイロの『Hand Warmer C300』というアイテムだ。
僕は今まで手袋や使い捨てカイロで寒さを凌いでいたのだが、今年初めて充電式カイロを使ってみて便利すぎたので、「実際に使ってみてどうだったか」をレビューしていく。
ちなみに今回はシルバーを購入したが、他にもピンクがあり色は2種類から選べる。

使い捨てカイロではなく、なぜ充電式カイロなのか?

充電式カイロの付属品付属品でカイロ以外にケース、ストラップ、充電用コードが同封されている

なぜ今年から充電式カイロを持ち運ぶようになったのか?その大きな要因は3つ。
繰り返し使える」「瞬時に瞬温まる」「充電器になる」である。

充電式カイロカイロの表面
充電用カイロの裏面カイロの裏面

まず「繰り返し使える」魅力なのだが、田舎や山奥へ行くと、コンビニが閉まっていたり、コンビニ自体見つからないことなんてザラにある。近くのコンビニでカイロを買えばいいやなんて思っていると、大体そういう痛い目に合う。しかし充電式なら毎回買わずに済むし、このようなリスクを負う事もない。USBがあれば充電できるので、車内でも充電できる。安心して外出できる。

カイロの充電ポートカイロの充電ポートはmicro USB Type-B仕様になっている

次に「瞬時に温まる」魅力なのだが、これはもう言わずもがな。使い捨てカイロを使ったことがあるのなら一度は経験したことがあるだろう。あのカイロが温まるまでの地獄を…
この充電式カイロならば5秒ほどで熱を感じ、10秒もすればじんわり温かくなる。
一生懸命カイロを擦らなくても済む。この発熱のスピード感には非常に感動した。

50℃に設定したカイロ50℃に設定したカイロ

次に「充電器になる」魅力だ。これは単純に僕がモバイルバッテリーを持っていなかった為なのだが、モバイルバッテリーのみの機能のモノを持つのならば、絶対にこのガジェットをお勧めしたい。
このカイロに10000mAhという大容量の充電ができ、スマホにもよるのだが、2〜3回のフル充電が可能だ。この機能だけで既存のモバイルバッテリーの代役を務めてくれるのではないだろうか。

スマホを充電する為のUSBポートスマホを充電する為のUSBポート
カイロで充電するスマホカイロでスマホを充電する

実際に使用した感想

結論から言うとやはり冬は手放せなくなるくらい便利。とにかく発熱が早い。
設定温度が表示されるのも、他の充電式カイロと違って分かりやすい。また設定温度は3段階あり、60・50・40℃と調整できる。しかし60℃で使う場合は直接持つとさすがに熱くなるので、専用のケースに入れて持ち運ぶとちょうど良い。
60℃なら12時間、50℃なら16時間、40℃だと31時間連続稼働することができる。他の電気カイロと比べても、ここまで長時間稼働できるカイロも少ないので、そういった点も魅力の一つである。

60℃で使う際は専用ケースへ60℃で使う際は専用ケースへ

また大きさは11.5×7㎝で幅が3㎝とコンパクトで女性の手のサイズでもちょうど良いサイズだった。重さも200gとスマホとたいして変わらない重さでできているので持っていても疲れない。

横から見たカイロ横から見たカイロ
重量は大体200g重量は大体200g

カイロの充電時間は大体5時間程度。温度表示の隣に4つの表示灯があるのだが、それが残り電力量を表示してくれるので、充電がどれくらいの残数なのか一目で分かるようになっているのもありがたい。
またこのカイロにはLED照明も付いており、スイッチを2回押すとライトが点き、スマホのライト程ではないが、十分に辺りを照らしてくれるので、暗い所での探し物なんかには使える。
またあまり使わない機能なのだが、スイッチを3回押すと振動し、マッサージ機能になる。首が凝った時にでも使用して見たいと思う。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/toothi-store/jyd008-1.html?__ysp=WU9PVEhJIOOCq%2BOCpOODrQ%3D%3D#

僕の場合、この時季になると撮影する為にカメラを構えれば、持つ手は冷たい風に吹きつけられ、金属であるカメラボディももちろん冷たくなる。手袋を着ければ寒さは防げるが、操作性は下がる。思うように指が動かず、とてもストレスが溜まる。
毎年そんな思いをしながら撮影していたのだが、今年はストレスを感じず撮影できそうだ。
外に出るのが億劫になる季節だが、このカイロを持ってバシバシ外へ出て撮影したいと思う。
女性が持つ充電式カイロ