フィルムカメラのコト

Kodak(コダック)のフィルムが1月12日から価格改定。2022年もフィルム業界の値上がりが止まらない…

アイキャッチ画像

昨今のフィルムカメラのフィルム価格の高騰が止まらない。

僕がフィルムカメラを初めたのが2018年なので、既にフィルムの価格は高騰していたのだけれど、ここ数年だけでも300円くらいは値上がったイメージ。更に2022年はどうやら幾つかのフィルムメーカーの価格改定が行われるらしい。今日は少し暗い内容だけれどそんなお話。

2022年1月にコダック・イルフォード・ケントメア・ニューシーガルのフィルムが軒並み値上がる

記事にしなきゃとは思って執筆が遅くなってしまったのだけれど、どうやら今月…いや寧ろ本日1月11日から各メーカーのフィルムの価格改定が行われるらしい。またフィルム以外にも印画紙も値上がるらしい。

まずは1月11日に「イルフォード」「ケントメア」「ニューシーガル」のフィルムと印画紙の価格改定が行われる。翌日の1月12日に「コダック」の各フィルムの価格改定が行われ、どのメーカーも金額は表示してはいないものの、大凡20~50%ほど値上がるのではないかと予想されている。

普段愛用しているポートラ400普段愛用しているポートラ400

僕も生意気にコダックのプロフェッショナルフィルムである「PORTRA(ポートラ)シリーズ」を愛用しているのですが、本音を言うとやはりこれ以上の値上げはなかなか厳しい…。

しかし、未だにフィルムの生産をしてくれるメーカーには感謝で頭が上がらないのも事実。カメラの時代の流れや今のご時世を鑑みても、メーカーにとっては相当厳しいと思うし、このタイミングので価格改定は仕方の無いことだと勝手に思っている。

今後も厳しい状況は続きそうだし、偉そうなことを言っているのは重々承知しているけれど、何とかフィルムの廃盤にだけはならないよう、各メーカーには何とか頑張ってほしい。

バケペン×ポートラ400バケペン×ポートラ400

コダックの人気フィルム「GOLD200」も廃盤になるとの噂も

コダックと言えば「Ektar(エクター)」や「PORTRA(ポートラ)シリーズ」が人気のイメージがあるけれど「GOLD200」を愛用している人もSNSで見かける。そんな人気のフィルムにも廃盤になるのではないかと噂されている。
Nikon FM2ただし、過去にも何度か廃盤になるという噂はあったものの一応今でも店頭で見かけるし、公式の発表も見当たらないので、正直何とも言えないところなので、あくまでも噂話ということで。

ただ楽天では在庫は残っているものの、Amazonでは在庫が無くなっているので、廃盤の話も全く無い話ではないと個人的に思った。考えたくは無いが、もし正式に廃盤が決まれば、市場からあっという間に在庫が無くなってしまうので、今のうちに購入しておいた方が良いかもしれない。

まとめ

とりあえず今回の内容はフィルム界隈の商品がまた値上がりますという少し悲しいお話。ただし、値上がるだけならまだしも、ここ数年で廃盤になったフィルムは幾つもあった。それを考えれば値上がるだけなら、まだ良いのかもしれない。

過去に廃盤から復活したフィルムも一応あるけれど、結構レアなケースだろうし、確証も無いので、値上がりはすれど、フィルムが製造されているうちに撮影した方が良いんだろうとも思った。

とりあえず近々「GOLD200」のフィルムを購入して、今のうちに撮影しておこうと思う。経験者の人は常々言うけれど、フィルムに挑戦するのはここ数年が本当に最後なのかもしれない。