記憶の中の観光地。幼い頃何度も訪れた軽井沢を巡る

アイキャッチ画像

記憶の片隅に残る軽井沢の風景に会いに行く。

遠い昔、僕がまだ小学生にも満たない幼い頃、何度も家族旅行で軽井沢に訪れていた。とは言え、裕福な家庭であった訳ではなく、親の会社の社宅(1泊1500円)が偶然、軽井沢にあっただけで、聞こえは良いが、旅の内容は貧乏旅行そのものだった。

そんな旅行でも、行ってしまえば楽しいし、普段見慣れた地元の風景とは違い、新鮮だった所為か、まだ幼い年頃で漠然としていたが、僕にとって軽井沢は「凄く遠い場所」みたいな、特別な場所となっていたのは今でも覚えている。

しかし歳を重ねれば、習い事や部活、友人との付き合いなどにより、次第に家族との旅行の機会も減り、いつしか軽井沢はぼんやりとした「記憶の中の風景」となってしまった。

そんなこんなでしっかり観光するのは20年ぶり。幼い頃に訪れた軽井沢へカメラを持ち、再び巡るのはどこか感慨深い。

旧軽井沢銀座通り

とりあえず無事に軽井沢に到着。渋滞が無ければ、神奈川から大体3時間もかからない程度で到着できる。幼い頃の軽井沢は、「遥か遠い場所」のイメージであったが、今では「思った以上に近くアクセスが良い」といった味気ない感想で、正直少し物寂しい(大人になったんだなぁと自分を無理矢理納得させる)

旧軽井沢銀座通り旧軽井沢銀座通り

せっかく軽井沢に来たというのに、特にどう周るかは決めておらず、ほぼ場面で行く先を決めるという、相変わらずのお粗末っぷりだが、前々から来てみたかった旧軽井沢銀座通りへ。

来てみたかったとは言えど、一応幼い頃に訪れたことのある場所だが、何せもう30年近く前の記憶なので、風景に全く見覚えがない…懐かしみたい思いもあったが、これはこれで初めて訪れるようなものなので、まぁ新鮮で良しとする(笑)

天気は生憎の雨で、こんなご時世ということもあり、銀座通りの観光客は疎らだったが、昭和レトロ感漂う風情のある町並みに心が躍る。

マスクの文字が令和を物語っているマスクの文字が令和を物語っている
風情漂う路地裏風情漂う路地裏
クネクネした脇道クネクネした脇道
幼稚園らしくない軽井沢幼稚園幼稚園らしくない軽井沢幼稚園

1916年に設立された軽井沢幼稚園。外観からの歴史を感じる佇まいに驚いたが、更に驚愕したのは今も尚、幼稚園として機能しているらしい。

旧軽井沢銀座通りで個人的にオススメしたいのは「らいすぼ~る 軽井沢店」。ご飯茶碗を中心に陶磁器などの焼き物を取り揃えており、一つ一つ職人の手で丁寧に作られている。

白いごはん器のお店「らいすぼ〜る」白いごはん器のお店「らいすぼ〜る」

ショーケースに飾られたようなお茶碗が美しい。元々はネットショップで人気だった「らいすぼ〜る」だが、実店舗として初出店したのが、この軽井沢店。

やはり手に取って見るのと、パソコン越しに画像で見るのとではまるで違う。ただでさえ、商品数も豊富なので、様々な陶磁器の質感や手触り、サイズ感などを手に取って確認できるのは本当に嬉しい。

見ていて飽きない程の数見ていて飽きない程の数

また陶器や磁器は電子レンジや食洗機不可な物もあるが、そういった注意点も棚に表示してくれているので、安心して購入できる。

これでもまだほんの一部これでもまだほんの一部

お店に目一杯、商品が敷き詰められているように置かれているが、これでもまだほんの一部。イメージ的にはこの20倍くらいの品数があるように感じた。それ程に商品は豊富に取り揃えられている。

ちょうど引越しを終えて、食器がまだ揃ってないので、軽井沢のお土産ということで、ずっと悩んでいたマグカップを購入。

軽井沢のお土産軽井沢で出会う

窯元は7代目松助窯。岐阜県の名産である「美濃焼」の技法で作陶されているだけあり、少し凹凸のある滑らかな表面の手触りが凄く良い。また下部のクリーム色の部分はミカゲ粗陶土を使用しており、少しザラザラしていて2種類の質感を楽しめる。

美濃焼といえば、和食を連想するが、このマグカップなら洋食でも違和感なさそうなので、そのデザインに惚れ込み購入。旅の思い出と共に大切にしていきたい。

ぷっくりと丸っこい形が可愛いぷっくりと丸っこい形が可愛い

「らいすぼ〜る軽井沢店」は2016年に開店し、まだ比較的に新しい店舗だが、お客さんも多く入っていたので、今後の旧軽沢銀座通りの新しいスポットになりそうな予感。ネットショップもあるので、気になる方は覗いてみてほしい。
らいすぼーる オンラインショップ

他にもオススメしたい店舗は、1933年創業の老舗ベーカリー「ブランジェ浅野屋 軽井沢旧道本店」だ。銀座通りを散策していると、自然と良い匂いが漂ってくる。東京にも幾つか店舗を構えている人気ベーカリーだが、本店はここ軽井沢だったりする。

ライ麦とドライフルーツを使用した、「フルーツライ」が人気だが、その時の気分で何故かカレーパンを購入。こんなご時世なので、食べ歩きは控え、だいぶ時間は経ってしまったが、車の中で食べることに。

烏滸がましいですが、感想を言わせて頂くのであれば、案の定めちゃくちゃ美味しかったです。驚いたのは、購入してから時間が経過していたにも関わらず、衣のザクザク感がしっかり残っていた。う〜ん、流石老舗ベーカリー。

食べ歩きが出来ず、店舗内もお客さんが多かった為、写真に残すことが出来なかった…せめてお店の写真とカレーパンの写真だけでも残しておくべきだった…。
ブランジェ浅野屋

チャーチストリート軽井沢

旧軽井沢銀座通りの一角に、今風な、銀座通りには少し似つかわないショッピングモールが急に現れる。軽井沢を代表する教会の一つである「聖パウロ教会」と「旧軽井沢銀座通り」を一つの道で繋がるように作られた商業施設『チャーチストリート軽井沢』だ。

正面に見えるのは銀座通り、後ろは聖パウロ教会正面に見えるのは銀座通り、後ろは聖パウロ教会

何となく興味本位で寄ってみただけだったが、思った以上に面白い。特に雑貨系の店舗が多く、変わったアイテムなどもあったので、このショッピングモールでお土産を探すのも良いかもしれない。特に気になったお店は『yoito(ヨイト)』『SECOND(セカンド)』の2店。

yoito入り口yoito入り口


yoitoは主にインテリア雑貨を取り扱っており、一点物のアイテムが多い。写真のドライフラワーや置物、家具、古本やCD、食器などのアンティークなアイテムが幅広く展開されている。因みに「よいと」というのは長野県の方言で「ゆっくり」という意味らしい。

SECONDの店内SECONDの店内


もう一店、個人的に良かったのは、雑貨を取り扱っているSECONDO。流行りの北欧インテリアなどに合いそうなアイテムが揃っている。またアクセサリーの品揃えも豊富なので、女性はより一層楽しめるかもしれない。「1つ目は必要なもの 2つめは本当にほしいもの」をコンセプトとしている。

またチャーチストリートの珍しさといえば、ショッピングモールに宿泊施設が併合しているところだろう。1階は店舗となっているが、2階は一部を除いてホテルとなっている。旧軽井沢銀座通りやチャーチストリートで時間を忘れて、のんびり買い物が出来る。

チャーチストリート中央広場チャーチストリート中央広場

写真映えする軽井沢の激安宿「リブマックスリゾート軽井沢フォレスト」

今回の旅の宿としてお世話になったのが、全国に数多くのビジネスホテルを所有する、リブマックスグループのホテル『リブマックスリゾート軽井沢フォレスト』。高級ホテルのような華やかな外観に反して、安価で宿泊ができる。

リブマックスリゾート軽井沢フォレストリブマックスリゾート軽井沢フォレスト

電車の場合は信濃鉄道「信濃追分駅」より約10分、車の場合は「碓氷軽井沢IC」より20分とアクセスも悪くはない。

素泊まり5000円です…素泊まり5000円です…
部屋から眺める軽井沢の森部屋から眺める軽井沢の森
異国感あるテーブルクロス

スペイン調の異国情緒溢れる外観と軽井沢の美しい森が良く合う。この外観からはとても信じられないが、ビジネスホテル価格で利用できる。というのも先述通り、数多くのビジネスホテルを経営している会社だからこそ、成せる価格なのだろう。

勿論、部屋の内装も美しい。ポートレートも普通に楽しめました。分かりにくいですが、何となく部屋のイメージ。


この日は素泊まりの激安プランで宿泊した為、ホテルの食事までは分からなかったが、露天風呂もあったし、価格以上に十分満足することが出来た。写真好きな人には尚更オススメしたいホテルだ。

まとめ

約20年ぶりに懐かしさを求めて訪れた軽井沢だったが、逆に新しい発見などが多かった今回の旅。ただ軽井沢の豊かな自然の美しさだけは昔の記憶通りだった。

旅の2日目も執筆するつもりだったが、まとめて書くとだいぶボリューミーになってしまう為、また分けて執筆しようと思う。

今日のカメラ機材