雑貨のコト

木箱のカメラがレトロで可愛い。2021年のカルディのカメラ缶は一味違う。

アイキャッチ画像

カルディさんよ〜、今年も「完成度高けーなオイ」。

気付けば、バレンタインも終わり、そろそろホワイトデー商戦が始まろうとしているこの時期、ここ数年、毎年カルディファームコーヒー(以下「カルディ」という)から面白い物が販売される。カメラが好きな人なら思わず足を止めるような可愛いデザインの「木箱のカメラ」だ。

よろしくないパロディから入ってしまったが、このカルディの木箱のカメラは非常に完成度が高く、色々と使えそうなので、流行りに便乗して紹介していこうと思う。

カルディコーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)

カルディコーヒーファームは、株式会社キャラメル珈琲が手掛ける、酒類などを販売する小売店舗。1986年に第一号店である「下高井戸店」を開店し、現在では200を超える店舗を展開している。

店名であるカルディの由来は「コーヒーの苗木を発見した、エチオピアのヤギ飼いの牧人カルディ(KALDI)」に因んでこの名前を採用した。その為、オリジナル商品などに、ヤギとヤギ飼いカルディを模した統一のデザインが採用されている。

2021年は更に高い完成度の『木箱の一眼レフカメラ』が登場。

2019年から発売されたカメラ缶。ライカのフィルム一眼レフカメラに良く似たデザインで、大きさも思った以上に大きく、本物のカメラに近いサイズとなっている。ブラックとブラウンの2色展開で販売された。

すっかりお馴染みのカメラ缶すっかりお馴染みのカメラ缶

2020年には前年のラインナップに加え、木箱のレフレックスカメラが登場。去年はこれを購入できずに、悔しい思いをしたが、今年は無事購入できた。

お菓子の入れ物でこの完成度木箱のレフレックスカメラ

価格は税込1518円。ブラックとブラウンの2色展開で今回はブラウンを購入。

後ろから後ろから
もう一度言います。お菓子の入れ物です

上からお菓子の入れ物でこの完成度

2021年には、ライカ風のフィルム一眼レフカメラが『木箱』で登場。ブラックとブラウンの2色が展開されている。また前年は木箱のみだった、レフレックスカメラが『カメラ缶』として販売。こちらもブラックとブラウンの2色が展開されており、去年よりも更に豊富なラインナップとなっている。

木箱のフィルム一眼レフカメラ木箱のフィルム一眼レフカメラ

価格は税込1298円。今回はブラウンを購入。

細かい部分まで再現されている細かい部分まで再現されている
ダイヤルもしっかり表記されていますダイヤルもしっかり表記されています
ん?この丸いロゴどこかで見たような…ん?この丸いロゴどこかで見たような…

毎年売り切れる人気のカメラ缶

ここ数年、カルディから毎年カメラ缶が販売されてきた訳だが、あまりの人気の為、売り切れが続出した。僕も去年から、このカメラ缶のことを知り、前回は一眼レフのカメラ缶を購入することが出来たが、木箱のレフレックスカメラを購入することが出来なかった。

僕も去年悔しい思いをした訳だが、売り切れ続出が原因かは分からないが、今年からは1人1点までの販売と制限が設けられていた。またこの商品においては、ネットでの販売を廃止して、店頭のみで販売するなどの対策もされている。

木箱の中にはクランチチョコ木箱の中にはサクサク美味しいクランチチョコが入っている

転売の対策などもあるかもしれないが、本当に欲しい人へ、1人でも多く商品を販売できるようにと、企業側からの誠実な思いが伝わってくるし、消費者側としては有り難い。

撮影のアイテムなんかで使えるかも

「カメラ缶」や「カメラの木箱」は小物入れなどに使えそうだけど、個人的にはポートレートのアイテムとして使いたいと思っている。

蓋にはマグネットが付いている蓋にはマグネットが付いている
スライドさせ開閉。こちらにもマグネットが付いているスライドさせ開閉。こちらにもマグネットが付いている

サイズ的にも実物と大して差は無いので、アイテムとして違和感なく使えそうな気がする。いや、どちらかと言うと、違和感はあるが、風変わりなアイテムとして使えそうって方が正しいのかも。

僕としてはポートレートで使えそうなアイテムは積極的に取り入れていきたいと思っているので、「ん?何か普通のカメラじゃないぞ。」みたいな面白い写真が撮れればと密かに期待している。

どんな使い方だって楽しめればそれで良いどんな使い方だって楽しめれば、それで良い

まとめ

完成度の高さと、そのデザインから、どうしても購買意欲が湧いてしまうカルディのカメラ缶と木箱。今年も売り切れ必至になりそうな気はするが、年々種類も増えているので、来年はもっと面白い商品が発売されるかもしれない。今後も特にチョコレート商戦期のカルディには注目する必要がありそうだ。