愛され続けて百五十年。法多山名物『厄除だんご』の味が忘れられない。

美味しい物が食べたい。

食欲の秋がやってきた。何か美味しい物が食べたくなる季節ということで、9月の3連休に小旅行を兼ねて隣県の静岡に行ってきた。普段旅行となれば『写真スポット』をメインで考えるが、今回は珍しくグルメの旅となった。

どうやら静岡県にある法多山尊永寺(はったさんそんえいじ)の名物『厄除だんご』がたまらなく美味しいらしい。隣県ということもあり、静岡のことは大体知っていたつもりだが、恥ずかしながら『法多山』も『厄除だんご』も全く知らなかった。

まだ見ぬ法多山名物の味を求め、胸を躍らせながら静岡へ向かった。

昭和レトロ感漂う法多山の路面店

東名袋井ICを降り、30分程度街から外れて山へ向かう。最寄り駅の「愛野駅」からは徒歩30分程歩くらしく、車が無ければアクセスは少し厳しそうな印象。道路は舗装されているが、緩やかな山を登らなくてはいけないので、実際の疲労感は徒歩1時間くらい感じるかもしれない。

そんな立地の為、駐車場は20箇所程度あるらしく、車1000台は駐車出来そうな規模感で少し驚いた。繁忙期だけ解放する駐車場もあるらしく、年末年始などは賑わう事が窺える。
今の時期は特に繁忙期という訳ではないので、どこの駐車場も割と空いていた。

法多山尊永寺の駐車場に到着すると、昭和の時代にタイムスリップしたような街並みが広がっていた。

昭和感漂う町並みを歩く昭和感漂う町並みを歩く
どこか懐かしいガラスのショーケースどこか懐かしいガラスのショーケース

僕は平成2年生まれなので、まだ幼い頃は昭和の名残が残る時代に生まれた為、歩いてるとどこか心地良い。最近では商店街などでしか見かけなくなってしまった、食品サンプルのガラスのショーケースなんかを見かけると、ついついカメラを向けてしまう。

時代を感じる玩具屋時代を感じる玩具屋
今ではなかなか見ることのできない手動のパチンコ台今ではなかなか見ることのできない手動のパチンコ台
知っている人はたまらないだろう知っている人はたまらないだろう

昭和20~30年頃の物と思われる手動式パチンコ。流石にこの時代のことは知らないが、アンティークレトロが好きな人にはたまらないだろう。もちろん僕もシャッターが止まりませんでした(汗)

昭和時代に令和の流行り物有り昭和時代に令和の流行り物有り

昭和レトロを肌で感じながら尊永寺に向かう途中、不意にあいつが現れた。
お分かりいただけただろうか…そう「タピオカ」だ。令和のこのご時世に、まだまだブームが衰えないタピオカさんがこんな所でも売られていた。まさに時代錯誤だ。

店名は『ことぶき食堂』。http://www.kotobuki-chaya.jp
このお店のかき氷のラインナップがなかなか面白い。
クリアケースに入ったタピオカ野郎を横目に(僕もタピオカ大好物です)普段あまり見かけない珍しいかき氷の味に惹かれ、ついつい寄ってしまった。

塩キャラメルフラッペかき氷塩キャラメルフラッペかき氷

僕は「チョコバナナ味」、相方のツナさんが注文したのは「塩キャラメルフラッペ味」のかき氷。両方とも普段あまり見かけない味なだけに、興味津々に頼んでしまったが、味もボリュームも大満足だった。他にも珍しい味がいくつもあったので、法多山に訪れた際に是非訪れてみても良いかもしれない。

昭和レトロはここまで昭和レトロはここまで

法多山尊永寺

法多山尊永寺とは、静岡県袋井市にある寺院のことで、伝記によるとした725年に建立された歴史ある寺院。江戸時代後期に本堂が火災に見舞われたが、1983年に再建された過去がある。

尊永寺入り口へ尊永寺入り口へ

「ことぶき食堂」を過ぎると、いよいよ法多山尊永寺の入り口が見えてくる。長い歴史を持つ事だけあって、荘厳な門構えだ。

尊永寺入り口の仁王門尊永寺入り口の仁王門
思った以上に広そうな境内思った以上に広そうな境内
門内には杖がいくつか置いてある門内には杖がいくつか置いてある

境内の広さと自然豊かさに驚いた。山奥にあるこの神社は自然に囲まれている為、辺りを見回すと緑に囲まれていた。空を見上げると紅葉の葉が青々しく繁っている。紅葉シーズンは盛り上がりそうな場所だ。

まだ青い9月の紅葉まだ青い9月の紅葉

少しずつ過ごしやすくなる季節に、心地よさを感じながら、緑の参道を歩く。

本堂へ続く参道本堂へ続く参道

まっすぐ進むと本堂へ続く参道。今回のメインは『厄除だんご』だが、せっかくなので本堂にも行ってみる。

本堂へ続く階段本堂へ続く階段

なんやこの階段は…本堂も見たい…でもこの後に予定している観光地にも寄りたいし、晩ご飯で予定している浜松餃子も早く食べたいし、色々と都合の良い事を言って、本堂を訪れるのはまた機会にすることにした。うん、また紅葉の時期に来よう。
そう、今回の目的はあくまで『厄除だんご』なのである!

法多山名物『厄除だんご』

『厄除だんご』は本堂へ続く階段を登らずとも食べられる。本堂を泣く泣く諦め、メインのだんご屋へ向かう。入り口の仁王門から徒歩10~15分でだんご屋に到着。ようやく目的の物が食べられる。

だんご屋だんご屋

店内には20人くらいは座れそうな席があり、外にも10~20人くらいは座れそうなテラス席がある。

だんご屋のテラス席だんご屋のテラス席
だんご屋の横にはステージもあるだんご屋の横にはステージもある

境内にステージのある神社もなかなか珍しい。
ここ法多山尊永寺は『だんごの聖地』と認知されているらしく、例年は『全国だんごまつり』などが開催されているらしい。

また光源の少ないこの地ならではの星見まつり『星満夜(ほしみつよ)』が行われ、満点の夜空の下でステージでライブをやりながら、だんご等の飲食を楽しんだり、「ワークショップ」や「占い横丁」などのイベントが行われるらしい。
めっちゃ楽しそうですよね…次回、本堂に行く文句が出来ました(笑)

食券を買い、ようやくだんご屋へ。1854年から150年以上変わらぬ味で参拝客に愛され続けてきた『厄除だんご』を食す。

法多山名物『厄除だんご』法多山名物『厄除だんご』
少し変わった形状をしている少し変わった形状をしている
ちぎって一つずつ食べるちぎって一つずつ食べる
あんこの甘さは控えめあんこの甘さは控えめ
ご馳走様でしたご馳走様でした

美味しくて、気付いたらあっという間に食べ終わっていた。
あんこの味は控えめで飽きず、モチモチというよりはしっとりとした食感。一口サイズにちぎって食べれるので、その気になれば幾らでも食べれてしまいそうな団子。うん。普通に美味過ぎる。

余談だが、厄除だんごは生菓子なので日持ちが悪い。お土産で購入するのは、なかなか難易度が高い。また季節によっては「茶だんご」「さくらだんご」「栗だんご」「みたらしだんご」「おだんご屋さんのかき氷」などの限定メニューもあるらしい。

思い描く「団子」とは形状も味も違っていて、団子というよりは、初めて食べる「何か」だった。『だんごの聖地』と呼ばれるだけあって、確かに他の団子とは一味違っていた。ここでしか食べられない、特別な団子だった。

まとめ

隣県のまだ見ぬご当地名物を求めて、静岡県袋井市の山奥まで遥々やってきた。内心どこかで、団子に違いなんてあるのかと思っていたが、食べたら名物たる由縁が理解出来た。これからやってくる紅葉シーズン。ここでしか食べられない厄除だんごを食べながら、季節を感じるのも良いかもしれない。

今日のカメラ機材