雑貨のコト

メガネのくもりにさようなら。フォグストップ缶のメガネ用くもり止めクロスが超優秀

アイキャッチ画像

メガネをかけている人なら誰しもが思った事があるのではないだろうか。「メガネくもり問題」。視界は遮られてもどかしいし、人前でメガネがくもると、反射的に少し恥ずかしいというか勝手に気まずくなる。
そんな心配も解決してくれるスマートなアイテムを見つけたので紹介していきたいと思う。
主に眼鏡関連商品を扱っている「サイモン」という会社から販売されている『フォグストップ缶』というくもり防止クロスだ。

毎年鮮やかに彩られる春が訪れると同時にやってくる花粉。今年はそれに加えて世界的に大流行しているコロナウイルス。今はそんなご時世なので、日常からマスクは切り離せない生活になっている。
僕もメガネユーザーなので、マスクをしながら外に出てはメガネが曇って、それを拭いての繰り返し。本当に手間だし煩わしい…と思って行き着いた先がこの『フォグストップ缶』だった。

なんか顔みたいになっているのはきっと気のせいなんか顔みたいになっているのはきっと気のせい

実際の効果

実際使ってみたが、効果は実感できた。正し、少し強めにレンズを拭かないと効果が出ない優しくレンズをなぞるくらいだと効果が出ない。そこはしっかり認識して頂きたい。

フォグストップ缶の中身フォグストップ缶の中身

缶の中にはメガネ拭きと同じ大きさくらいのクロスが入っている。もちろん生地は柔らかくポリエステルでできている為、レンズに強く押し当てても問題ない。
とにかくしっかり拭けば拭くほど効果が現れる。

一応表面も拭いておく一応表面も拭いておく

メガネをかけ、マスクをし、わざと息を強く吐いてみるが、レンズは全く曇らない。というより、メガネは曇ろうとするのだが、かき消す効果が高い為、それに追いつかないので曇らない。といったニュアンスの方が正しいのだろうか。
雪の降るような寒い日に室内に入っても曇らなかったし、雨の日の電車内でも曇らずに使えた。サングラスやゴーグルなどにも効果があるらしい。
試しに90℃のお湯をマグカップに入れ、曇るか確かめてみる。

VS 90℃の水蒸気VS 90℃の水蒸気

見事耐え抜いた。湯気がユラユラして、たまにレンズに直接に当たって曇ったと思いきや、すぐに曇りは解消された。だが当然の事だが、この後レンズは水蒸気でベチャベチャになった。
こんなに間近の高温にも耐えられたのだから、メガネを外さなくても思いっきりラーメンなども食べれそうだ。

300回繰り返し使える

う〜ん、一応販売会社のサイモンはそう謳っているが、使い方によって使用回数は変わってきそう。ただ本当に300回近く使えたら、1個で3年くらいは持ちそう…
そう考えると1000円という金額は破格にも思える。
またこのクロスを乾燥させると効果がなくなってしまうので、使ったら必ず缶に戻す必要がある。使用期間の記載はないので、乾燥さえさせなければ長期で使うこともできそうだ。

内袋は捨てても良いが缶は捨てないように内袋は捨てても良いが缶は捨てないように

ベタつかないクロスタイプ

中にはジェル状のくもり止めもあり、手が汚れてしまう物もあるが、このクロスはベタつかないので使っても手が汚れない。クロス自体しっとりとした感じはあるが、全く気にならないので、ストレスなく非常に扱いやすい。

ベタつかないので使いやすいベタつかないので使いやすい

忍ばせやすいサイズ感

また保管する缶のサイズもW5.5×H2(㎝)とコンパクトで決して荷物にはならない大きさである。使い捨ての袋に入ったクロスもよく見かけるが、袋がかさばって邪魔だし荷物がごちゃごちゃしたりするので、スッキリ持ち歩けるのもこのアイテムならではだと思う。

荷物にならないサイズ感荷物にならないサイズ感

またクロスを含めた缶の重さに関しても、たったの12gと非常に軽い。

たったの12g

まとめ

今まで「くもり止めマスク」や「くもり止めメガネ」といった似た効果のある物を使ってきたが、効果が今一つだったり、荷物がかさばって、持つのが嫌になりすぐに使うのをやめてしまった。今回の『フォグストップ缶』はそんな悩みを全て解消してくれるようなアイテムだった為、気になる方には是非おすすめしたい。
メガネとフォグストップ缶