ブログのコト

Googleアドセンスに1発合格したブログの執筆方法や審査通過の対策として意識しながら行ったこと

アイキャッチ画像

日々ツイッターなどを見ていると、ブログアカウントの人たちが呟いているGoogleアドセンスの不合格ツイート。中には何回も何十回も不合格してしまっている人も見かける。

自慢でも何でもないけれど、運良く僕は1発で合格をもらえた。なので審査でそこまで苦労は無かったのだけれど、そんな経緯もあって、過去にブログアカウントの人からGoogleアドセンス審査の対策方法についてDMを頂いたこともあった。

そんなこともあったので、今回は僕なりにアドセンスに合格できるように意識した点などを烏滸がましく思いますが執筆していこうと思います。

  • 読者に有益な情報をアウトプットする
  • 最低でも10記事は執筆する
  • 1記事1500文字以上を意識する
  • 独自性で差別化を図る

大切なのは読者に有益な情報をアウトプットできているかどうか

まずGoogleアドセンスの合否以前の話、この記事を見てくれている人は、ブログ初心者が多いと思うので、一応伝えておきたいのだけれど、ブログと日記は別物だ。

色んなジャンルがあるので、一概には言えないけれど、ブログというコンテンツは読者に有益な情報を発信するモノだと思っている。要は誰かの為に執筆しているのがブログだと考えている。
そして日記とは、自分が経験した話。あくまで自分の為に、いつか自身が振り返った時に読み返せるように書いているのが日記だと考えている。

このようにブログと日記には『誰の為に執筆しているのか』という大きな違いがあるので、まずは自分のブログが日記になっていないか、ブログ自体の考え方を改めてみると良いかもしれない。

またブログを書いていると自己満足になりがち(僕のことなのだけど)なので読者が何の情報を必要としているのか、どうすれば読者の疑問を解決できるのかを理解しながら執筆することが重要なのかなと思う。

合格には最低でも10記事は必要だと思っている

自分のブログの価値を出す為にGoogleアドセンスに審査を通す前に10記事くらいは用意しておく。勿論、僕も前もって10記事書いてからGoogleアドセンスに申請している。

ブログって内容や記事の密度にもよるけれど、記事数が多ければ多いほどそのブログの価値が高まる。それは殆どの人の共通認識だと思うのだけど、Googleだって同じで、一定の価値のあるブログへ広告を出したいに決まっている。

巷で記事数が重要と言われているのは、この辺りの意味合いが大きいのかなと思う。
また審査に落ちてしまった時のモチベーションの低下を恐れて、自分への防衛策として10記事書いてから審査を通すと決めていた。

早る気持ちも分かるけれど、審査で不合格が続くと精神衛生上良くないし、気持ちも折れてしまう。早く広告を貼りたい気持ちも分かるけど、そこはグッと堪えて淡々と記事数を増やす方が個人的にはオススメなのかなと思う。

少なくても1記事1500文字以上のボリュームは必要なのかもしれない

もはや都市伝説となっているGoogle様に評価される1記事あたりの文字数の話。

個人的には、この手の話は色んな説が出ているので、正解かどうかは分からないけれど、誰かの為に執筆するブログを1記事書くのに、有益な情報をアウトプットするとなると1500文字は最低でも必要だと思っている。

500文字で簡潔に執筆できるならそれでも良いかもしれないが、僕の場合は、ブログの問題提起から自分なりのエビデンスまでの流れを、一通り執筆すると、1記事1500文字くらいになってしまう。

そういう意味で少なくとも1記事1500文字と僕の中で決めていたし、アドセンス合格後に嫌でも必要となってくるSEO対策検索対策も最低1500文字が必要と昔から言われているので、早いうちにこの文字数に慣れておくに越したことはない。

最上部にあるのは水平器最上部にあるのは水平器

しかし、文字数を多くすれば良いって問題でもない。文字が多すぎると読者が読むのに疲れてしまうので、長文過ぎる記事は逆効果だったりする。

但し、この最低1記事1500文字というのは個人的な感覚なので、人によっては必要だと思う文字数が、この数より多い人もいれば少ない人もいるかもしれない。

あくまでもGoogleアドセンスに1発で合格した僕の対策方法を執筆しているだけなので、その点はご招待いただければ幸いです。

フリー画像などではなくオリジナルの画像などを使い差別化を図る

僕自身、他のブロガーさんと最も異なる部分は画像のオリジナル性だと思う。というかカメラや写真をメインコンテンツとしているのでそれは当たり前なんだけど…。

常にGoogleは独自性のある記事を評価するのでフリー素材の画像を使うのではなくなるべく自分で撮影した画像やイラストの方が良い。その方がGoogleに評価されるはず。

先述した記事数や文字数をこなしているのに不合格になってしまう人は、画像など素材のオリジナル性を見直してみると良いかもしれない。

また、これはあくまで画像の話であって、ブログの内容など色んな箇所でオリジナル要素がブログに必要となってくると思うので、そういった部分を見直して見ても良いのかもしれない。

まとめ

今回はGoogleアドセンスに一発で合格した僕の意識したポイントを紹介させて頂きました。

記事数や文字数はあくまで目安ですが、執筆している内容を誰に届けたいのかを明確にし、それに何かしらの独創性を加えることが重要なんだと思います。

色々と偉そうなことをツラツラと述べてしまいましたが、この記事が誰かの為に役立てば嬉しいです。