写真のコト

カメラやスマホの写真データの保管方法とデータ破損の恐怖について

アイキャッチ画像

今回は僕の過去の失敗談を交えながら、データ破損の恐怖と写真データの保管方法について綴っていこうと思う。

今回の記事
  • 突然訪れるデータ破損の恐怖
  • 記録メディアの寿命について
  • 正しい写真データの保管方法
  • まとめ

カメラ歴は7年になる僕だが、恥ずかしいことに最近になってようやく写真データの保管方法(バックアップ)について考えるようになった。今までは撮影方法やカメラに関する知識ばかりを追いかけていたが、肝心の保管方法についてはどちらかというと関心は薄かった。満足のいく写真が撮れればそれで良い。そのようなカメラマンは意外と多いのではないだろうか。

突然訪れるデータ破損の恐怖

去年の夏にパソコンをMacBook Proに変えたのだが、Windowsを長年使っていた所為もあり、MacOSに慣れるのに非常に時間がかかった。(未だに勉強中)
分からないままとりあえずレタッチの作業をしようと思ったら…悲劇は突然訪れた。
「ディスクの不正な取り出し」と急に表示され、接続していたSDカードのデータが全て破損した。そう、データ破損は音沙汰もなく不意にやってくる。大切な思い出のデータが一瞬で消えるのだ。カメラをやっていてこんなに恐ろしいことはない。
データが消えてしまった原因は分かったのだが、計り知れない程のショックを受けたのを今でも覚えている。
しかしこれはカメラマンに限った事ではない。日常で使われているスマホ、SDカード、ハードディスクやCD-Rなどの記録メディアに入っている写真データ全般に言える事である。
その利便性から家族写真や我が子の成長記録などをスマホで撮影して、写真をそのままデータとしてスマホの中に入れたままにしていないだをうか。そんな大切な思い出の写真も、正しい保管をしていなければ、いつ消えてしまうか分からないのだ。
大丈夫大丈夫なんて思っていても、記録メディアも所詮は電子機器。本当にひょんな事で大切なデータが消えてしまうのである。

SDカードこんなにも薄い電子機器の中に大切な思い出が詰まっているのである。

記録メディアの寿命いついて

一般家庭でよく使われる記録メディアの寿命をまとめてみた。

記録メディア 平均寿命年数
USBメモリー 1~2年
スマホ・カメラのSDカード 2~3年
iPhone 3~5年
ハードディスク 3~5年
CD-R・DVD-R 5~10年

このように見てみると、如何に電子機器が脆い物なのかが分かる。
10年以上前に使っていたガラケーを調べてみたところ、見事に全てのデータが破損して見れない状態になってしまっていた。ガラケーに差し込まれていたmicroSDのデータも全て破損していた。
このように10年後、懐かしい写真を見返そうとしてもデータが破損している可能性が高いので、思い出の大切な写真こそバックアップする必要がある。
成長した我が子の幼少時代の写真を見せたくても、データが消えて見せてあげられない。想像しただけでも切なくなってくる。

外付けのHDD持ち運びのできるサイズの外付けのHDD

正しい写真データの保管方法

まず全ての人に言えるのは写真データのバックアップをとる事。要は自分の所持している記録メディアとは別の記録メディアにデータを移して保管しておくということだ。上写真の外付けハードディスクもデータをバックアップする為の1つの手段である。
今主流のバックアップがこの2つ

記録メディア(バックアップ先) ポイント
クラウドストレージ 企業が管理するWeb上の巨大なアルバム
外付けハードディスク 自己管理が必要だがネット環境がなくても使える

細かく言うとバックアップコンテンツはこれ以外にもあるが、今の一般家庭での使われているのはこの2種類だろう。企業ごとにサービスが異なるのだが、クラウドストレージと外付けハードディスクのメリット・デメリットをザックリ説明しておく。

クラウドストレージのメリット
  • 写真データを無制限に保存できる(Amazon Photos)
  • ネットで管理できる為、場所を取らない
  • 複数のデバイスでデータの同期・共有ができる
  • 万が一の災害時などの為の自動バックアップ

デメリットとしては、月額にかかる負担。Googleフォトは無料で使えるが、データが圧縮される為、写真が劣化する。又はネット環境がない場所だと使えないなど色々あるが、詳しい企業ごとのクラウドストレージサービスはまた別の機会で記事にしようと思う。

外付けハードディスクのメリット
  • 基本的に大容量で使える
  • 容量の小さな物であれば安価に購入できる
  • ネット環境のない場所でも使える
  • レイド機能搭載の物なら、仮にハードディスクが故障してもデータを簡単に復元できる

デメリットとしては、レイド機能が無い場合は自分でバックアップをする必要がある。また場所を取る・荷物になる。こちらもまた別の機会で詳しく書いていこうと思う。

まとめ

一つ言い忘れで、中級機くらいのカメラになると、ダブルスロットでSDカードを2枚入れ、同時に保存することもできる。万が一、SDカードの故障などの保険をかける意味で活用した方がいいだろう。

ダブルスロット2枚のSDカードに同時に保存できる

どのくらいの量の写真データを保管するかにもよって選択は変わると思う。そこは企業ごとのサービスを見比べたり、個人個人で外付けのハードディスクの方が感覚的に使いやすかったりするので、自分にあった記録メディアをデータが消えてしまう前に是非探して欲しい。