ガジェット

旅行に!4ポートUSB急速充電器Anker PowerPort4

アイキャッチ画像

今回新たに購入したガジェットはこちら。
モバイルバッテリーや高速充電器の開発・販売で急速に成長しているブランド、Ankerの 『Anker Power Port 4』を実際に使ってみてどうだったかをレビューしていく。

Anker Power Port 4のパッケージAnker Power Port 4のパッケージ

男女共に持てるシンプルで美しいデザイン

今回Ankerの製品を初めて購入したのだが、デザインがシンプルで非常に美しい。パッケージも美しく、開封にワクワクする。iPhoneを購入したときのアレだ。

Anker Power Port 4開封中身もシンプルな作り

色は白以外にも黒のモデルもある。僕の周辺機器は白のガジェットが多いので、今回は白を購入。

シンプルで美しいAnker Power Port 4シンプルで滑らかなデザイン
Anker Power Port 4の同封品シンプルさにこだわりを感じる

中にはちゃんと取り扱い説明書も同封されている。Happy?と書かれた紙にはコールセンターなどの情報が記されている。取説と別紙な為、もし何か不具合が起きた時に電話番号を探す手間が省け、すぐに相談できるのは有り難い。

4端末充電可能なUSBポート4端末充電可能なUSBポート

Anker独自の技術、賢すぎる「PowerIQ」機能

この充電器を購入するにあたって、最大のメリットは、Anker社独自の技術で急速充電を可能にする機能、「PowerIQ」という機能だ。
この機能は、各端末ごとに機器を検知し、その機器に合わせて最大のスピードで急速充電を行うことができる機能。(1ポート最大2.4A、合計最大8A)

充電器をコンセントに差し込むコンセントに接続すると青く点灯する

この青く点灯している場合は充電可能のマーク。
USB接続して、緑色に点灯すれば急速充電中、色が青色に変われば充電完了のマーク。

急速充電中急速充電中
充電完了充電完了

急速充電されているか一目で確認できるのも有り難い。
一例でiPhoneで充電速度を比較してみる。Apple純正の充電器は出力が1Aとなっており、実際にはiPhoneは2.1Aまでしか対応していないので、PowerIQ機能で2.1Aを検知し充電すると、Apple純正の1Aの充電器よりも2.5〜3倍程の速度で充電できる。
このように、各USBポートごとに最速で充電できる電流を自動で計算してくれる非常に賢すぎる機能、それがPowerIQ機能だ。

Apple純正の充電器Apple純正の充電器よりも2.5〜3倍早く充電できる

コンパクトで旅行などにも持ち運びやすい

他にもAnker Power Port 4の優れている点といえば携帯性。様々な4ポートのUSB充電器があるが、この充電器のコンパクトさは間違いなく最小クラス。プラグも折りたたみ式になっている為、持ち運びやすい。

プラグを出した状態プラグを出した状態
スッキリ収納できるスッキリ収納できる

大きさも大体iPhoneⅩの半分程しかない。

iPhoneⅩとの比較iPhoneⅩとの比較

この充電器1つ持っていくだけで、スマホやカメラ、ワイヤレスイヤホンなどのそれぞれのUSB変換プラグを持つ必要はなくなる。各々のUSBコードのみで事足りるのだ。ただでさえ荷物が多くなる旅行。なるべく持ち物はミニマルな物が良いという人にはオススメしたい製品だ。

なぜ最新モデルではなく、旧モデルなのか

実はこのAnker Power Port 4には新しいモデルの『Anker Power Port Speed4』という充電器がある。何が違うか端的にいうと「Quick Charge 3.0」という機能が追加された。この機能は主にAndroidスマートフォンが採用している急速充電の規格なので、Appleの製品には適応されない。僕は基本Appleユーザーだし、また色もブラックしかない為、今回は見送った。Androidユーザーにはこちらの充電器をオススメしたい。

 

まとめ

スマホだけでなく、カメラ、モバイルバッテリーや電子書籍、今の時季だと充電式カイロなど、USBでの充電が増える今日この頃。旅先のホテルでのコンセントの取り合いもこれ一台が解決してくれることだろう。
充電中